住宅ローン金利を安くするには?

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。
申請する場合は、銀行・信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。
とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。
重要視される点は職業・勤続年数・年収などが主になります。
さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども大事な自営業の住宅ローン審査の対象になりまので万が一思い当たる人はそちらをまずきちんと整理し申し込みをされると良いでしょう。
家を購入する際に必要になるのが住宅ローン申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。
申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。
なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですからこのとき銀行側は、年収と勤続年数や借金の状況などを特に重点的に見て審査をします。
なので、住宅ローン申込をすれば確実に通る。
というものではありません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が、第一段階クリアの基準と言われています。
人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。
なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。
但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。
けれども、比較的低金利といわれる時代のせいなのか意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。
他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、比較検討して納得できる方法を探せると良いですね。
将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて減税についても確認しておきましょう。
両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、およそ1割を税金として納めなければなりません。
ですのでそれよりも安い金額であれば申告する必要はありません。
他にも年齢や金額によって細かく決められているので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。
今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
新しい家を購入したいけれどもそれほど余裕がない、そういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。
ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。
その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。
これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり物件を扱う会社も早めの返済を求めてくるのです。
安く購入できるメリットはありますが、上手に選択しないと月々の負担が大きくなる可能性もあります。
物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、総返済額がいくらいになるか、事前に確認しておきましょう。

住宅ローン金利安いタイミングとは?