医療脱毛処置後について

医療脱毛だとしても、施術されるときなんかは、前もって処理することが大事です。
ムダ毛だらけになっていると一般的には施術してもらえませんので、カウンセリング時に言われた長さに自分で脱毛するようにしましょう。
施術する日の前の日じゃなく、数日前に処理することで、施術後の肌に問題が起こりにくくなるでしょう。
ニードル脱毛には、確実な永久脱毛効果があるのですが、ニードルによって毛根に電流を流す方法なため、ニードルを刺した毛根部は、軽度の火傷の状態になってしまうのです。
ですから、処置後は脱毛した部分が赤くなり、軽い痛みを伴う場合があります。
そんなやけどの炎症症状を抑えるため、保温、冷却などのケアが大事です。
雑誌か何かで、豆乳にはムダ毛の成長を抑える効果があると知り、豆乳ローションを試してみることにしました。
お風呂上がりにムダ毛が気になる場所塗り込んで、3週間経ったら、毛穴の黒ずみがちょっと改善されました。
また、保湿効果が良くなったことにより肌の潤いが改善し、自分で処理した後の肌荒れがなくなりました。
豆乳ローションをちょっと使っただけで、メリットだらけでした。

http://www.medical-hairloss-ninki.com/