シミと肝斑(かんぱん)ってどう違うの?消す方法は?

シミにはさまざまな種類があり、それよって治療法も大きく異なります。
日焼け対策や紫外線対策を怠っていると、あらわれやすいシミです。
「雀卵斑(じゃくらんはん)」、通称「そばかす」もシミの仲間で、小さな斑点が、鼻を中心に分布しています。
10才頃からでてきやすいシミです。
すり傷、やけど、かぶれなどの痕がシミとして残ってしまうケースもあります。
年令に関係なく起こり、炎症が原因なので「炎症性色素沈着」とも呼ばれます。
にきび痕が赤くなったり黒ずんでシミ化するのも含まれます。
最近よく聞く「肝斑」は、女性特有のシミで、女性ホルモンが影響しているとされます。
できてしまったからといってあきらめず、シミ・肝斑のない、美しく若々しい素肌を目指しましょう。
肝斑を治す方法