金利に関する住宅ローン相談の方法は?

金利に関する住宅ローン相談金利に関する住宅ローン相談の中でも多いこととして、どのようにすれば金利の低いローンをつないでいけるのか、ということが挙げられます。
例えば固定金利型で20年返済の予定で10年が経過したとすると、残りの返済期間は10年です。
これであれば、金利の低い変動金利型や固定期間選択型2年、3年などのリスクは極めて低いものになります。
ですので、10年以降は、多少金利が上がっていても、その中で1番金利の低い変動金利型などを利用していけば、返済額の増額幅を小さいものにすることができるのです。
返済期間を20年、25年程度にできるのであれば、全期間固定金利型ではなく、固定期間選択型10年の2%程度のローンを利用するのが、より現実的な選択になるとも言えます。
ただし、固定期間選択型であっても、特約期間2年、3年になると、20年返済、25年返済ではまだかなりリスクは残ります。
ですので、このタイプのローンを利用しても問題が無いのは、返済期間を10年、15年に短縮できる人に向いているとも言えます。
住宅ローン相談おすすめは?審査・金利・銀行選び【無料申込窓口】